有酸素運動でダイエットするといえばウォーキングを真っ先に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。適切な方法でウォーキングをすることで、ただ歩くだけよりも、よりよいダイエットをすることが可能になります。歩き方が適切でなかったり、姿勢がよくないウォーキングは、体に負担がかかってしまうので気をつけましょう。ウォーキングをする時は、まっすぐ立つよう心がけましょう。一本の紐で頭頂からぶら下げられているような姿勢で、背中を真っすぐにします。肘をちょっとだけ後ろに引いて、胸を開きます。目線は前の方へ、顎が上がらないように少し引きましょう。肩と腕の力は抜いてリラックス。腹筋に軽く力を入れてお尻を引き締めるように意識しましょう。かかと歩きやつま先歩きにならないように、足の裏を全体的に使って体重を支えるようにしてください。ウォーキングは場所を選ばずいつでもできる有酸素運動であり、効率的に体脂肪を燃やしていくことができる方法です。心肺の働きを向上させたり、脳に刺激を与えてストレスを発散させる作用もあります。ウォーキングには専門の用具が必要ないので、そのための準備をしていなくても気軽に実行できます。お年寄りでも、運動不足で体がなまっている人でも、ウォーキングなら有酸素運動ダイエットとして実行できるでしょう。