メラトニンは睡眠ホルモンの一種です。睡眠に適した身体の状態になって初めて眠りにつけるのですが、それがメラトニンの分泌が不足すると睡眠障害が出てきてしまいます。メラトニンはセロトニンが不足すると一緒に分泌量が少なくなってしまうようで、精神的に不安定になると睡眠不足になってしまうのはそのせいです。セロトニンとは神経伝達物質の一つでうつ病などにかかってしまう時はセロトニン不足になっていると思われます。なので両方の分泌を増やすためにはやはりストレスをなるべく減らして生活のサイクルも見直し、生活環境を良くして精神的負担を減らすのが第一になってきます。うつ病になってしまったと思われる時にはすぐに精神神経科など、お医者さんに診てもらいましょう。薬を処方してもらって精神状態を改善するのも豊かな睡眠時間を取り戻すのには有効です。メラトニンのサプリメントも販売されているようですが、サプリメントを使用するならほんのちょっとの睡眠障害でもお医者さんに診てもらうのをおすすめします。睡眠障害は精神的にダメージを受けている可能性もあるからです。良質の睡眠はストレスを和らげてくれますので、まずは勇気を出して病院へ行ってみましょう。