ダイエット用のスープをつくって飲むというダイエット方法が注目されていますが、スープのレシピはどんなものでしょう。
ダイエットに有効だといわれているのが脂肪燃焼スープです。ダイエット中の人におすすめのスープで、いつでも手に入る6種類の野菜で作るスープです。

スープを摂取することで、野菜に含まれる栄養素が体内の余分な水分や老廃物を排出します。レシピは特別な技術などはいらないため、手軽に作成できます。材料は玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト、ピーマン、水、鶏がらスープの素、昆布、かつお節です。野菜は好みの大きさにカットします。全ての材料が入る鍋に野菜とだしを入れて、コトコトと20分ほど煮ます。煮つまったら水を足して一定量を保ちます。

全ての材料が柔らかくなって食べやすくなったら、天然塩で味を調節してできあがりです。盛る時におろししょうがを足してもいいでしょう。食用油や砂糖など、カロリーの高いものを使わずに食事を作りたいなら、脂肪燃焼スープがぴったりです。

毎日食べるものなので、味に飽きてしまうこともあるでしょう。たまには味噌や醤油などで味に変化をつけると良いかもしれません。
人によっては、ダイエットレシピ自体の手軽さは認めつつ、毎日作りたくはないという人もいます。

脂肪燃焼スープであれば、一度にまとめて作ってしまえば冷蔵庫で、1週間程度くらいは保存できます。まとめて大量にスープを用意しておくことで、スープダイエットは続けやすくなります。ダイエット効果のほうにも、色々な健康効果が脂肪燃焼スープにはありますので、積極的に活用していきたいものです。